〜しょーきのゲームブログ〜

休みの日はゲームばかりしている私のゲーム日誌でございます

盛り上がること間違い無し!?忘年会や新年会の出し物で使えるボールジャグリングの習得方法

どーも しょーきです お願いします!


12月になり、忘年会や新年会のシーズンになりましたね!


みんなで一年の苦労を労ったり、新年に向けて英気を養ったりと、楽しみなイベントだと思います。


そんな楽しい場ですが、心配なのが上司や先輩から言われる「何か面白い事やって( ̄ー ̄)」という無茶振りです。


また、あらかじめ「出し物」を用意しなければいけないこともあるかもしれません。


「そんなこと言われても何もできないよ(´・c_・)」
「何をすれば盛り上がるんだ?」




このような思いで心から楽しめずに、不安になったり憂鬱になったりしてしまう人もいるのではないでしょうか?


そこで、「今からでも習得出来る忘年会や新年会の出し物」として盛り上がること間違いなしの芸である「ボールジャグリング」を伝授したいと思います!

誰でも出来る簡単なボールジャグリング

今回出し物としてオススメするのがボールを使ったジャグリングです。


理由は以下の通り

1 簡単な技ならすぐ習得出来る
ジャグリングと聞くと「何だか難しそう」、「習得に時間がかかりそう」なんて思うかもしれません。

実際はそんなことはなく、簡単な技ならすぐ習得出来てしまいます。


2 特別な才能は必要ない
「私は不器用だしなー」、「運動神経ないよ」といった人でも大丈夫。

一見特別な才能が必要そうに見えますが、そんなことはありません。

これから教える練習方法を真似すれば誰でも出来ます。


3 話すのが苦手でも盛り上げることが出来る

大勢の人の前で話すのが苦手という人も多いと思います。

実際私も大の苦手ですが、「今からジャグリングします」といって技を披露すれば、ほとんど話さなくても盛り上げることが出来てしまいます。


4 他の人と差別化を図れる
身近な知り合いにジャグリング出来る人はいますか?恐らくいないのではないでしょうか?

それは上司や先輩も同じで、ジャグリングが出来るというだけで凄いと思われるので、求められるクオリティのハードルは低くなります。

下手に芸人さんのネタを真似したら他の人と被ってしまった、なんてこともありません。


ボールジャグリングは色々応用が効くため是非一緒に習得していきましょう!

基本技「カスケード」習得

ようやく練習に入ります。用意するものは何でもいいのでボールを3つ用意してください。

ただし、ボールの重さは同じにしないと投げ難いため気を付けてください。



STEP1
両手に1個ずつボールを持ち交互に投げる

まずはボールを1個ずつ持ち、右から左、左から右といった練習をしましょう。

文章では伝えにくいため画像を参考にしてください。



両手に1個ずつボールを持ちます
f:id:sho-kinoFPS:20181204135938j:plain


右のボールを投げます
f:id:sho-kinoFPS:20181204140022j:plain


落ちてきたら左のボールを投げ、キャッチします
f:id:sho-kinoFPS:20181204140040j:plain




STEP2
片手に2個、反対の手に1個ボールを持ち投げる

先に投げるのは2個持っている方からです。
例 右手に2個の場合 右、左、右の順番


f:id:sho-kinoFPS:20181204140135j:plain


右を投げる
f:id:sho-kinoFPS:20181204140145j:plain


左を投げる
f:id:sho-kinoFPS:20181204140153j:plain


右を投げる
f:id:sho-kinoFPS:20181204140213j:plain




STEP3
投げる回数を増やす

慣れてきたら投げる回数を増やしていきましょう。
落とさなくなったら無事に基本技「カスケード」習得です!



基本技のカスケードを応用した魅せ方

さて、無事にカスケードを習得したのですが、これだけでは盛り上げることは難しいです。

そのため、この技を使った魅せ方をご紹介します。

それは持っているボールを食べるという技です!
「いやいや、ボールは食べられないよ」と誰もが思いますよね。

もちろんボールは食べられないですが、投げる物を
丸い食べ物にすれば良いのです。

オススメなのはリンゴやブドウ、今の時期だと苺とかですね。

参考動画
youtu.be
50秒くらいからを参考にしてください

この動画ではリンゴを食べていますが、初心者では難しいと思います。

一口で食べられるブドウや苺をカスケードし、3個全て食べてしまえば盛り上がること間違い無しです。




やり方
最初は普通にカスケードをして、「今から食べまーす」と言って投げようとしている物をそのまま口に持っていく。


画像ではボールを口にぶつけているだけですが、食べていると思ってください(笑)


普通にカスケードをします
f:id:sho-kinoFPS:20181204140228j:plain


自分のタイミングで、投げようとしている食べ物を直接口に含みます

f:id:sho-kinoFPS:20181204140221j:plain


これで完璧です!



いかがだったでしょうか、一芸を身に付け披露することで周りからの評判が良くなるかもしれません。


是非練習して、忘年会や新年会の盛り上げ役になってください!!